プロペシアのジェネリックはどれがオススメ?

現在プロペシアのジェネリックとして販売されているものには、フィンペシア・フィンカー・フィナロ・エフペシア・フィナバルドなど数種類あります。ここにあるジェネリックはどれもインドにある製薬会社が製造販売しているもので、プロペシアの有効成分であるフィナステリドを含んでいます。それで、どれを選ぶとしてもagaの治療に効果を発揮するということは期待することができます。実際プロペシアとジェネリックのフィンペシアのどちらも服用したことがある方は、フィンペシアでも8割から9割がたの効果はあると感じているようです。どのプロペシアのジェネリックがオススメかはそれぞれの個人差もありますので一概には言えませんが、信頼性で選ぶことをお勧めします。値段はプロペシアが月に9,000円程度かかるのに対して、どのジェネリックを服用するにしても月に2,000円程度で済むので、あとはどれほど信頼できる製薬会社かで選ぶことになります。プロペシアのジェネリックで有名なフィンペシアはシプラという会社が製造していますが、この会社もインドで第2の規模の医薬品企業であるために安心感があります。インドの製造環境は劣悪なところが多いと言われることもありますが、ここは製造環境の整備や流通までの流れもしっかりとしているので品質に関して信用度は高い会社と言えます。数年前に錠剤のコーティング剤から発ガン性物質が発見されたという報道もありましたが、今ではすでに問題が解決しているので安心して購入することができます。

4.jpg

プロペシアとジェネリックの一番大きな違いは?

プロペシアのジェネリックを購入することを決めたら、どんな副作用が出るとしても自己責任だということを覚えておかなければなりません。これがaga外来がある病院や専門のクリニックで処方してもらうのと個人輸入代行店に依頼して購入することの一番大きな違いです。日本でプロペシアが認可されるにあたり、数年がかりの臨床実験が行われ、agaの治療効果と副作用の発現率などが調べられ、医薬品としての効果があると認められたので病院で手に入れることができるようになりました。ジェネリック医薬品の場合、特にインドなどの医薬品の場合は独自の基準で臨床実験が行われてはいますが、日本国内で第三者機関がチェックを行っているわけではありません。とはいえ、プロペシアのジェネリックを飲んで死亡事故が発生したとか重篤な副作用が出たということは、フィンペシアなどのジェネリックが販売されて数年経過しているにもかかわらずそうした報告がないので安心して服用することは可能であると考えることができます。それでもジェネリックを購入して服用することに不安を感じる場合には、病院やクリニックでプロペシアを処方してもらったほうが良いかもしれません。しかし、プロペシアは年間で10万円以上かかるところが、ジェネリックでは2万円ちょっとで済むというのはお金もかけずに効果を得たいという人にとっては魅力的なポイントです。こうした違いを検討した上でプロペシアかジェネリックどちらにするかを選ぶと良いでしょう。

aga治療薬のプロペシアとミノキシジルの副作用は?

aga男性型脱毛症の治療薬を服用または外用する際に気になるのが副作用にどんなものがあるかではないでしょうか?あまりに副作用がきつければなかなか続けていくのは難しいものです。逆に副作用をほとんど生活の中で感じなければ2年や3年といった長いスパンで服用や外用を続けていくことができます。ではプロペシアとミノキシジルにはどんな副作用があるのか見ていきましょう。プロペシアの副作用としては性欲減退や勃起不全といった症状があります。この副作用が現れると思うと恐ろしくて服用することができないと感じるかもしれませんが、心配する必要はありません。この副作用が現れる割合は性欲減退が1%ほど、勃起不全に至っては0.7%ほどしかありません。ですからプロペシアを服用しても副作用の心配をする必要はないということです。逆にこうした副作用が現れるのではないかという不安を感じていると、心因性のedになることがないとも言えませんので心配するのはやめましょう。プロペシアと同じほど効果があるとされているミノキシジルにはどのような副作用があるのでしょうか?ミノキシジルは頭部に塗布する形で用いられる際に現れる副作用として主なものには頭皮のかゆみがあります。これはミノキシジルに血管拡張作用があり、頭皮の血流量が増えるために感じるものです。血管拡張作用がなければ発毛や育毛の効果を期待することはできないので、これは仕方のない副作用と言えるかもしれません。

プロペシアとミノキシジルを安心して使用するために

プロペシアとミノキシジルはどちらも医薬品であるために安心して使用するためには用法や用量を守って使用することが求められます。プロペシアは1日1錠と用量が決まっています。またプロペシアはそのままの状態で服用することが原則ですので、ピルカッターなどで割ったり粉砕して服用するということも避ける必要があります。プロペシアは副作用がほとんど出ない比較的安全性の高い医薬品ですが、あくまでも用量と用法を守ってはじめて安心して使用できます。ミノキシジルの成分が配合された錠剤や液体を使用するの際にも添付書類に従って使うことが大切です。そして、どちらも妊娠中や授乳期の女性は使用することは禁忌とされています。これはプロペシアの有効成分であるフィナステリドやミノキシジルが胎児や乳児に悪影響を与えるからです。それでプロペシアかミノキシジルあるいは両方を使用されている方で、妊娠中もしくは乳児を持つパートナーがいる場合には、前もってプロペシアやミノキシジルを使用しているということ、そしてどんな副作用があるかなどを伝えておくと良いでしょう。女性でも薄毛に悩んでいる方は多くおり、プロペシアやミノキシジルが近くにあると試してみたいという衝動にかられることもあると思われるからです。これが意外と見落としがちなポイントになりますので気をつけましょう。とはいえ、基本的には安全性の高い医薬品なので安心して使うことができます。